Technical Works

ASC Technical support site

*

GeneXus で 住所録を作る

      2014/12/24

前回は「世界一有名なプログラム」である「Hello, world!」をGeneXusで作成しましたが、今回は Transaction と Work With パターン を使って簡単な住所録を作成しましょう。

Transactionの作成

今回も最初にナレッジベースを作成します。

1-2

ナレッジベースの情報を入力
名前      :AddressBook
ディレクトリ  :任意
プロトタイプ環境:Java Enviroment(トライアル版はC# Enviroment)
言語      :Japanese

1-3

[作成]ボタンクリック。

1-4

ナレッジベース(プロジェクト)が作成されました。

1-5

Transactionの作成

住所録として必要なデータ構造をTransactionオブジェクトで定義します。
[ファイル] – [新規] – [オブジェクト] 選択

2-1

タイプの選択から Web Panel を選択し、オブジェクトの情報を入力
名前       :AddressBook
ディスクリプション:Address Book
フォルダ     :Objects

2-2

[作成]ボタンクリック。

2-4

空の Transactionが作成されました。

2-5

次にデータ構造を書きます。
中央の鍵マークのついた行の名前欄にカーソルがある状態で、名前を入力、タブ又はマウスでタイプ欄、ディスクリプション欄にカーソルを移動させ、それぞれの情報を入力します。

2-6

入力後、リターンキーを押すと、次の行が追加され、名前欄にカーソルが移動するので、続けてデータの名前、タイプ、ディスクリプションの情報を入力していきます。

2-7

全て入力が終わったら ctrl+s を押下して入力したTransactionを保存しましょう。

2-8

Work With パターンの適用

TransactionだけではDBのテーブルを作成しただけのようなものです。Transactionに Work With パターンを適用して 住所録を入力、変更、参照する Work With Web パネル を作成しましょう。
画面左のフォルダー表示からAddressBook Transactionのところで右クリック、メニューリストから[パターンを適用] – [Work With for Web] 選択

3-1

自動で、 Work With Web パネル に必要な各オブジェクトが追加され、AddressBook Transaction の Wbeパネルが 生成されます。

3-2

3-3

ビルドと開発者メニューの実行

プログラムの生成とコンパイルを行い、開発者メニューを実行します。
開発者メニューとはGenexusで作成したWebパネルが一覧が表示され、各Webパネル(画面)を直接起動して、動作確認をするためのメニューです。

[ビルド] – [開発者メニューを実行] 選択
変更が加えられたオブジェクトが自動的にビルドが開始され、Javaソースの生成とコンパイルが行われます。

4-1

初めてのビルドの際、TransactionをもとにDBの作成が行われます。
必要なDB情報を入力して
Database name:AddressBook
Server name:localhost
User iD:sa
User password:******

4-2

つづけて、DBのテーブルを作成する確認が表示されますので、問題がなければ[作成]ボタンクリック。

4-3

画面下の「出力」に[すべてビルド Success]と表示され少しまつと、Webブラウザが起動して、開発者メニューが表示されます。

4-4

4-5

以上で住所録の完成です。

住所録の実行

続いて、作成した住所録を実行しましょう。
開発者メニューのWork With 住所録の項目をクリックします。

5-1

住所録のメイン画面が表示されます。

5-1-2

■登録

住所を登録します。
「登録アイコン(+マーク)」をクリックします。

5-2

5-3

住所の情報を入力します。

5-4

[実行]ボタンをクリックして、登録されます。

5-55-6

■変更

登録済のデータを変更します。
変更したい住所の左の「変更アイコン(ペンのマーク)」をクリックします。

5-7

変更したい項目にカーソルを合わせ変更します。

5-9

[実行]ボタンをクリックして、更新されます。

5-10

5-11

■削除

登録済のデータを削除します。
変更したい住所の左の「削除アイコン(×マーク)」をクリックします。

6-1

[実行]ボタンをクリックして、削除されます。

6-2

6-3

以上です。

The following two tabs change content below.

tk

最新記事 by tk (全て見る)

 - GeneXus

Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


画像で表示される認証コードを入力して下さい。

CAPTCHA


  関連記事

GeneXus
GeneXus X Evolution1 と SQLServer 2008

GeneXus X Evolution 1(以下 Ev1)を使用する為には、SQ …

SnapCrab_ナレッジベースを作成_2014-6-10_19-9-7_No-00
GeneXusでAndroidとiOSのスマートデバイスアプリを作成する(2)

前回は環境の構築を行いました。 今回は実際にGeneXusでスマートデバイスアプ …

models
GeneXusの復元方法

GeneXusのバックアップ、復元方法としてエクスポートしてインポートする方法が …

SQL Server 2012 セットアップ1
GeneXus X Evelution2 Update 5 をインストールする(2)

前回でインストールする全てのアプリケーションを入手しました。 今回は入手したアプ …

03-1-1
Genexus tips ①

今回は GeneXus で開発する際にちょっと困った時の対処や、ちょっとした小技 …

無題
GeneXus X Evolution 2 ライセンスで Evolution 1 を起動

GeneXus X Evolution 2(以下 Ev2) ライセンスで Gen …

SnapCrab_Demo - GeneXus X_2014-6-29_16-44-6_No-00
GeneXusでAndroidとiOSのスマートデバイスアプリを作成する(3)

前回はスマートデバイスアプリケーションの作成を行いました。 今回は実機(Andr …

Login認証
GeneXus ログイン認証(TomcatのBASIC認証)

GeneXusだけではなく、ログイン認証は重要であります。 開発環境、テスト環境 …

GeneXus
GeneXusでAndroidとiOSのスマートデバイスアプリを作成する

GeneXusがスマートデバイスアプリを作成できるのは知っているけど、実際にどう …

スクリーンショット 2014-07-24 20.56.42
GeneXusでAndroidとiOSのスマートデバイスアプリを作成する(4)

前回はAndroid(実機)での動作確認を行いました。 今回は Mac で iO …